プチ整形で理想の自分に近づく|カンタン施術

女の人

気軽にできる整形手術

美容整形

慎重にクリニックを選ぶ

気軽にできる美容整形として人気なのがプチ整形です。プチ整形とは、一切メスを使わず、光線による照射や、注入法や点滴療法などの手段によって、若返りを図ったり、容姿のコンプレックスを解消することです。メスを使って皮膚を切開しないので、出血、痛み、腫れなどが少なく、まったくダウンタイムがないプチ整形もあります。仕事の帰りや学校の帰りに立ち寄って整形し、翌日はいつもと変わらずに会社や学校に行けます。そんなプチ整形ですが、いいことばかりではなく、悪いこともあります。プチ整形の欠点は、効果が長く続かないことです。一時的な効果しかないというのは、考えようによってはメリットにもなりますが、半永的な効果を望む人にとってはデメリットになります。一回あたりの料金がリーズナブルであっても、定期的なメンテナンスが必要になるため、生涯コストを考えると、結局高くついてしまう場合もあります。また、ただ安いからとか、広告でよく見かけるからという単純な理由でクリニックを選んでプチ整形をすると、思っていたのとは違う結果になることもあります。やはりプチ整形といえどもカウンセリングは重要です。最近は医師ではなく女性スタッフがカウンセリングをするクリニックもあるようですが、やはり執刀する医師と一対一で話し合い、信頼関係を築くことが大切です。一度プチ整形をすれば、そのクリニックと長い付き合いになる可能性があります。ずっと付き合っていくこをと考えて、相性のいいクリニックを探すことをお勧めします。

メスを使わない整形

一切メスを使わず、目を大きくしたり、鼻を高くしたり、たるんだ皮膚をリフトアップしたりするのがプチ整形です。美容医療の分野は日々進化しており、昔なら外科手術が必要だった美容整形が、今はほとんど非外科手術でできるようになっています。二重まぶたにする美容整形も、「埋没法」というプチ整形が主流です。埋没法ならまぶたを切る必要がなく、糸だけを使って憧れのぱっちり二重になれます。鼻を高くするプチ整形には「ヒアルロン酸注射」があります。鼻の付け根の部分から鼻先にかけてヒアルロン酸を注入すると、ヒアルロン酸の効果で鼻筋がすっと通った堀の深い顔だちになります。鼻を高くする美容整形には、鼻の中からプロテーゼを入れる外科手術がありますが、ヒアルロン酸注射なら注射をするだけで鼻すじを通すことができます。ヒアルロン酸注射は顎先にいれて顎を出したり、頬に入れて頬をふっくらさせたり、唇に入れて唇を厚くするプチ整形にも使われています。年齢を重ねてハリが失われた肌も、切らない方法で若いころのようなハリのある肌を取り戻すことができます。高周波治療器の「サーマクール」をすれば、肌のキメが整い、みずみずしい素肌になります。また、トゲトゲがついた糸を使ってリフトアップするプチ整形もあります。このように、最近はほとんどの美容整形がプチ整形でできる時代です。メスを使わないプチ整形だけをしているクリニックも増えてきており、そのような傾向は今後も顕著になっていくものと思われます。