プチ整形で理想の自分に近づく|カンタン施術

女の人

メイク感覚が魅力

顔

より身近に

プチ整形という言葉を耳にする機会が増えたと感じる方は少なくないでしょう。プチ整形の定義には特に決まりがあるわけではありませんが、一般的にはメスを使わず入院が不要な日帰り手術のことを指しています。価格も手頃なものが多く、これまで整形に興味があってもなかなか手が届かなかった若い方や学生の方でも利用しやすいというメリットがあります。プチ整形で出来ることは糸で留める埋没法と呼ばれる二重まぶたへの整形や、ヒアルロン酸を用いた隆鼻整形、ボトックスを用いた小顔整形など様々です。普段メイクでまぶたを二重にしたりノーズシャドーやハイライトを使って顔にメリハリをつけているという方であれば、これらのプチ整形を行うことでメイク時間を短縮することもできるでしょう。メイクを落としても当たり前ですが効果は消えないので、旅行などで素顔を見せなければならない場面でも困ることはありません。これらのプチ整形は手頃な価格から受けられますが、相場よりもあまりにも安すぎる場合は安さの理由についてきちんと調べておきましょう。埋没法の場合はすぐに糸が外れてしまったりすることも考えられますし、ヒアルロン酸を使ったプチ整形の場合は品質の良くないヒアルロン酸を使っているということも考えられないことはないのです。プチ整形とは言え、代えのきかない大事な顔であるということを忘れずに病院選びは慎重に行いましょう。インターネットでは簡単に利用者の声などを調べることができるのであらかじめ情報収集しておきましょう。

大幅に変えることも可能

プチ整形では大幅に見た目を変えることはできないというイメージもあるのではないでしょうか。メイク感覚で受けられる気軽さが魅力ですが、大幅に変えることも可能なのがこのプチ整形の特徴です。ヒアルロン酸は美容医療でよく使われる成分ですが、自由度の高い成分で顔の形をある程度デザインすることも可能です。日本人特有の平坦な顔立ちでも、鼻と顎を高くするなど彫りの深い顔立ちをヒアルロン酸だけで作ることもできます。ただ、ヒアルロン酸は時間の経過と共に体内に吸収されていくため維持するためには数ヶ月おきに通う必要があります。プロテーゼを挿入する手術には抵抗があるという方は、まずはヒアルロン酸の注入で見た目の印象がどれくらい変わるか様子を見てみるといった選択肢もあります。大幅に変えたい場合はプチ整形ではなく最初から本格的な手術を考えた方がトータルでのコストは抑えることができますが、やはり顔にメスを入れるということは初めての方なら抵抗があるものです。まずは安心できる方法で試してみるというのも一つの方法と言えるでしょう。見た目にコンプレックスがあり長年悩んできた方でも整形へのハードルは低いものではないでしょう。プチ整形は変わる勇気を後押しするような存在でもあります。まずは少しだけ変化を自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。見た目は少しの変化でも大きく印象が変わるものです。どういった悩みがあるのかはクリニックで相談してみると的確な方法が見つかることもあるので、一人で悩まずにまずは相談してみましょう。